ヴァイスシュヴァルツ徹底解説 - 怪盗デッキ(探偵オペラ ミルキィホームズ)

怪盗デッキ(探偵オペラ ミルキィホームズ)

特徴が《怪盗》のキャラで固めたミルキィホームズのネオスタンダード構築デッキ。
舞台を怪盗のキャラで固め、「魅惑の怪盗 アルセーヌ」の早出しを狙う。
怪盗アルセーヌの華麗な技で相手を魅了しよう。

キーカード

魅惑の怪盗 アルセーヌ
色:青 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:9500 ソウル:2
特徴:《怪盗》・《仮面》
【永】あなたの《怪盗》かカード名に「アンリエット」を含むキャラが4枚以上なら、あなたの手札のこのカードのレベルを-1。
【永】相手のターン中、このカードのパワーを+1000。
【自】このカードがアタックした時、クライマックス置場に「決戦!怪盗VS探偵」があるなら、あなたは自分のクロックの上から1枚までを、控え室に置き、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+1500。

“炎のトイズ”ラット
色:黄 レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:4500 ソウル:1
特徴:《怪盗》・《炎》

【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【自】[④]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の前列のレベル3以下のキャラを1枚選び、ストック置場に置く。


構築に際して

ミルキィホームズに登場する《怪盗》のキャラは全て青と黄なので、青黄の2色での構築になる。
「魅惑の怪盗 アルセーヌ」の早出しを狙うためにデッキは全て《怪盗》のキャラで固めると良い。
また、《怪盗》に対して実質2500の強力な助太刀ができる「好敵手を求めるアルセーヌ」や、除去効果とレベル応援を
兼ね備えた「“炎のトイズ”ラット」は是非とも3枚ほど投入したい。

デッキレシピ例

キャラカード(42枚)
レベル0(18枚)
コスト パワー 名称 備考
4 0 3000 ボヨヨンの女 アンリエット 正面のキャラにソウル+1、自分がダメージキャンセルしたら+3000
4 0 2000 アルセーヌの執事 ユタカ プレイ時怪盗のキャラに+1500、自身も選べる
4 0 1500 和服のアンリエット 怪盗に+500、1コストでそのターン中探偵に+1000
3 0 2500 “スリーカード”トゥエンティ 自分のターン中自身のパワーを+1000
3 0 2500 反逆のラット 控え室に置かれたら1コスト&手札を一枚捨ててデッキから怪盗サーチ
レベル1(12枚)
コスト パワー 名称 備考
4 0 5500 怪盗 アルセーヌ バニラ
4 0 4500 うっかりお寝坊さん
アンリエット
舞台に居れば怪盗を得る、手札アンコール
経験、レベル置き場のレベル合計が2以上なら自身を+1000
2 0 2000 好敵手を求めるアルセーヌ 助太刀+1500、助太刀を使ったら怪盗に+1000
2 1 2000 ナルシスト 二十里先生 助太刀+2000、助太刀を使ったら山札を上から3枚控え室へ
レベル2(8枚)
コスト パワー 名称 備考
4 1 8000 悩殺の視線 アルセーヌ CXシナジー、前列にいるなら自身のパワーを+1000
CXシナジー、控え室のカードを全て山札に戻すことができる
4 1 4500 “炎のトイズ”ラット レベル応援、プレイ時4コストで相手前列レベル3以下をストックへ
レベル3(4枚)
コスト パワー 名称 備考
4 2 9500 魅惑の怪盗 アルセーヌ 舞台に《怪盗》かアンリエットが4枚あればレベル2で出せる
相手ターン中自身を+1000、CXシナジー 
アタック時に回復し次の相手ターンの終わりまで自身を+1500
クライマックス(8枚)
トリガー 名称 効果 シナジー先
4 幻惑のトイズ キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 悩殺の視線 アルセーヌ
4 +2 決戦!怪盗VS探偵 1枚ドロー、キャラ1体にパワー+2000/ソウル+1 魅惑の怪盗 アルセーヌ


プレイング

○全体を通じて
 「うっかりお寝坊さん アンリエット」の経験の条件を満たす為に、レベル0→1のレベルアップ時にはレベル置き場に
  レベル2以上のキャラを置こう。
  黄色のカードが少なめなので「“炎のトイズ”ラット」のプレイ条件を満たすためにクロックに黄色のカードが来たら
  積極的にレベル置き場に置くと良い。
  また、レベル2において「魅惑の怪盗 アルセーヌ」を早出しすることがデッキの要なので、クロックを積極的に行い
  手札を減らさないようにしたり、3コストアンコールも利用すると良い。
○レベル0
 「ボヨヨンの女 アンリエット」は、自分がダメージキャンセルするとパワー6000になり、レベル1のキャラでも
  迎撃できる可能性があるほどに強力。ただし、自分から能動的な発動は不可なので注意。
 「アルセーヌの執事 ユタカ」はプレイ時に《怪盗》に+1500する効果があるが、自身を選ぶことでパワー3500に
  なる事もできる。覚えておこう。
○レベル1
  「うっかりお寝坊さん アンリエット」はプレイ時のコストもなく、経験の条件を満せばパワー5500とバニラ並になる上に
  手札アンコールも持っており、レベル1においてメインアタッカーとなる。
  また、「好敵手を求めるアルセーヌ」は助太刀で+1500、効果使用時に《怪盗》に+1000できる。
  一体に+2500する事もでき、+1500と+1000に振り分けることもできる。状況によって使い分けよう。
○レベル2
  条件を満たせば手札からレベル3の「魅惑の怪盗 アルセーヌ」がプレイ可能となる。
  後列にレベル応援を持つ「“炎のトイズ”ラット」を置けば、自身の効果も相まってバトルで負けにくい強力な壁となる。
○レベル3
 「魅惑の怪盗 アルセーヌ」が早出し効果を持っているので、プレイングはレベル2とあまり変わらない。
 「悩殺の視線 アルセーヌ」の二番目の効果や、「ナルシスト 二十里先生」の効果でデッキを調節して、キャンセル率
  を操作したり、「魅惑の怪盗 アルセーヌ」の回復効果を活かして戦おう。