×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

亜美&真美デッキ(アイドルマスター)

亜美と真美のカードをメインに据えたアイドルマスターのネオスタンダード構築デッキ。亜美真美チェンジとも呼ばれる。
レベル1の亜美と真美のカードをお互いにチェンジし、交互に舞台に登場するのが最大の特徴。
亜美&真美の天真爛漫なパワーが炸裂!

キーカード

双海 亜美
色:黄 レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:4500 ソウル:1
特徴:《音楽》・《双子》

【自】このカードが控え室から舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+2000。
【自】 チェンジ [このカードを控え室に置く]あなたのクライマックスフェイズの始めに、
あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「双海 真美」を1枚選び、
このカードがいた枠に置く。 (クライマックスフェイズの始めにこのカードがいないなら発動しない)


双海 真美
色:黄 レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:4500 ソウル:1
特徴:《音楽》・《双子》

【自】このカードが控え室から舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのソウルを+1。
【自】 チェンジ [このカードを控え室に置く]あなたのクライマックスフェイズの始めに、
あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「双海 亜美」を1枚選び、
このカードがいた枠に置く。 (クライマックスフェイズの始めにこのカードがいないなら発動しない)


構築に際して

キーカードとなる「双海 亜美」と「双海 真美」は控え室に無ければ効果を発揮できないので、
控え室に落としたい事を考慮して少なくとも3枚、できれば4枚投入したい。
また、これらのカードと非常に相性のよい「誘い上手な美希」や、シナジーのある「いたずら好きな亜美&真美」
も3~4枚入れると良い。
本ページでは、レベル2でのパワー不足を補う為に「気まぐれな美希」の早出しギミックを組み込んだものを紹介する。

デッキレシピ例

キャラカード(38枚)
レベル0(16枚)
コスト パワー 名称 備考
4 0 3500 いつもオドオド 雪歩 自身がバトルでリバースした時、他の《音楽》のキャラが
1枚以下なら自身をクロックへ
1 0 2500 O(≧◇≦)人(≧◇≦)O
亜美&真美
集中、1コスト4枚CX1枚につき自身のパワー+1000/ソウル+1
2 0 1500 朝礼 小鳥 プレイ時1コスト&手札を1枚捨てて《音楽》サーチ
2 0 4000 夢への一歩 涼 プレイ時トップ確認し、CXなら自身を控え室へ送る
3 0 2500 我那覇 響 他の《音楽》のカードが2枚以上なら自身のパワーを+1000
4 0 500 浮世離れ貴音 応援+500、プレイ時にクロックの「寄り道」を回収し手札を1枚クロックへ
レベル1(12枚)
コスト パワー 名称 備考
4 0 4500 双海 亜美 控え室から舞台に出たら自身のパワーを+2000
CXフェイズ開始時に「双海 真美」へチェンジ
4 0 4500 双海 真美 控え室から舞台に出たら自身のソウルを+1
CXフェイズ開始時に「双海 亜美」へチェンジ
4 0 4500 誘い上手な美希 キャラが控え室から舞台に出たら自身のパワー+2000
(1ターンに3回まで)、手札アンコール
レベル2(2枚)
コスト パワー 名称 備考
2 1 7000 制御不能!? 亜美&真美 CXシナジー、アタック時《双子》のキャラ全てにパワー+1000/ソウル+1
手札アンコール
レベル3(8枚)
コスト パワー 名称 備考
4 2 10000 いたずら好きな亜美&真美 プレイ時回復、自身を思い出に置き控え室の「双海 亜美」と「双海 真美」
を舞台に出し、そのカードにパワー+3000/ソウル+1
4 2 10000 気まぐれな美希 プレイ時回復、思い出に「寄り道」が2枚以上あるならレベル2でプレイ可能
イベント(4枚)
レベル コスト 名称 効果
4 1 1 寄り道 カウンター、《音楽》のキャラがいなければプレイ不可
キャラ1体にパワーを+2500し、このカードを思い出にする
クライマックス(8枚)
トリガー 名称 効果 シナジー先
4 +1、風 スタ→トスタ→ キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 制御不能!? 亜美&真美
4 +1、風 First Stage キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 本レシピでは無し


プレイング

○全体を通して
 「双海 亜美」と「双海 真美」が控え室に無ければデッキギミックを活かせない為、常に控え室にあるかどうかを
  意識して戦おう。
  マリガン時に「双海 亜美」か「双海 真美」が手札にあれば、最低でも1枚は落とすと良いだろう。
  また、レベル2の時に「気まぐれな美希」を早出しする為に、レベル2になる前に「寄り道」を2回以上使っておきたい。
 「寄り道」はイベントカードだが「浮世離れ貴音」でクロックから回収可能な為、上手く活用しよう。
○レベル0
  デメリットはあるものの高パワーを持つ「いつもオドオド 雪歩」や「夢への一歩 涼」、《音楽》のキャラが他に2体以上
  いればパワー3500となる「我那覇 響」を中心にアタック。
  クライマックスがトリガーしてしまったら「O(≧◇≦)人(≧◇≦)O亜美&真美」や「朝礼 小鳥」で控え室へ落とそう。
○レベル1
 「双海 亜美」と「双海 真美」のチェンジによるパワーorソウルパンプで攻める。
  この時、舞台に「誘い上手な美希」がいれば一回チェンジするごとに「誘い上手な美希」のパワーが+2000される。
  1回発動すればパワー6500、2回なら8500の高パワーとなる。ノーコストである点も魅力。
  相手ターンは、手札アンコールやカウンターの「寄り道」で場を維持しよう。
○レベル2
 「気まぐれな美希」の早出しと、「制御不能!? 亜美&真美」のクライマックスシナジーを狙う。
 「制御不能!? 亜美&真美」のクライマックスシナジーで《双子》のキャラ(=亜美、真美)のパワーとソウルを
  パンプできる為、クライマックスの効果も含めてソウルは+2される。
  ソウル3でアタックして相手に大ダメージを与えよう。
○レベル3
 「いたずら好きな亜美&真美」がプレイ可能となる。
 「いたずら好きな亜美&真美」をプレイして回復し、効果を使い控え室の「双海 亜美」と
 「双海 真美」を舞台に出そう。
  この効果で舞台に出すことで「双海 亜美」はパワー9500・ソウル2「双海 真美」はパワー7500・ソウル3となる。
  レベル3としてはパワー不足だが、ソウルが高くダメージソースとしては十分期待できる。
  また、「いたずら好きな亜美&真美」「気まぐれな美希」共にプレイ時の回復効果を持っている為、粘り強い戦いが可能。