ヴァイスシュヴァルツ徹底解説 - 基本ルール③

③アタックフェイズ

アタックフェイズの進行

アタックフェイズは以下のように進行します。

1、アタック宣言ステップ

2、トリガーステップ

3、カウンターステップ(フロントアタックの場合のみ)

4、ダメージステップ

5、バトルステップ(フロントアタックの場合のみ) → アタック宣言ステップへ戻る

6、アンコールステップ

※1~5を可能な限り任意の回数繰り返し、アンコールステップへ

アタックの種類

◯攻撃したいキャラの正面に相手のキャラがいる場合 → フロントアタックかサイドアタックを選択

 ・フロントアタック…正面のキャラとバトルを行います。
  パワーを比較し、低い方のキャラはリバースします。パワーが同じ場合は両方リバースします。
  キャラのソウルは増減しません

 ・サイドアタック…キャラとバトルを行わずにプレイヤーに攻撃を行います。
  バトルステップを行なわないためキャラがリバースすることはありません。
  ソウルが正面の相手のキャラのレベルの分だけ減少します。

◯攻撃したいキャラの正面にキャラがいない場合 → 強制的にダイレクトアタック

・ダイレクトアタック…相手プレイヤーに直接攻撃を行います。
 バトルステップを行なわないためキャラがリバースすることはありません。
 攻撃するキャラのソウルが+1されます

1、アタック宣言ステップ

前列のスタンドしてるキャラをレストし、アタックの種類(3種類)を宣言します。
※先行一ターン目は、一回しかアタック宣言できません。

2、トリガーステップ

アタック宣言したプレイヤーは、山札の一番上のカードをめくり公開します。
右上のトリガーアイコンをチェックし、アイコンがあった場合効果を発動します。
その後、めくったカードを自分のストック置き場に裏側で置きます。

トリガーの例
…ソウルが+1されます。
…控え室のキャラカードを一枚手札に戻すことができます。
…山札からカードを一枚引くことができます。

3、カウンターステップ(フロントアタックの場合のみ)

フロントアタックされた相手はカウンターアイコンのついたカードを一枚まで使うことができます。
サイドアタックやダイレクトアタックの場合はバトルが発生しないため、カウンターステップはありません。

4、ダメージステップ

アタックされたプレイヤーは、相手のキャラのソウルの分だけダメージを受けます。
ダメージを受けたプレイヤーは、ダメージを受けた枚数だけ山札のカードを上から順にめくります。
めくったカードは、順に全てクロック置き場に置きます。
カードをめくっている最中にクライマックスがめくれた場合、その時点でダメージキャンセルが発生し
その時までにめくったカードを全て控え室へ置きます。
クロックが七枚以上になったプレイヤーは、レベルアップを行います。
レベル4になるとゲームに敗北します。

○レベルアップ…クロックが7枚以上になるとレベルアップが発生します。
        古いクロック7枚の中から1枚をレベル置き場に置き、残った6枚を控え室に置きます。

5、バトルステップ(フロントアタックの場合のみ)

キャラ同士のパワーを比較し、パワーが低い方のキャラがリバースします。
パワーが同じ場合は、両方のキャラがリバースします。

バトルステップが終わった後は、アタック宣言ステップに戻るかアンコールステップに移るか選択します。

6、アンコールステップ

リバースしているキャラを一枚ずつ控え室に置きます。
この時、アンコールを行うことで、控え室に送られたキャラをレスト状態で再び舞台に戻すことができます。
ターンプレーヤー(攻撃側)が先に行い、その後非ターンプレイヤー(防御側)が行います。
アンコールを行なうかどうかは任意です。

アンコール…キャラが控え室に置かれた時に、特定のコストを払うことでレスト状態で再び舞台に戻す効果。
      なお、全てのキャラは【自】アンコール[③]を持ちます。(=ルール上のもの、テキストには書かれていない)
      上記のルール上のアンコール以外にも、自身の効果でアンコールを持つキャラも存在します。

      例:【自】アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]
        【自】アンコール [②]
        【自】アンコール [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く]

このような効果を持つキャラの場合、ルール上の【自】アンコール[③]を使うか、キャラの効果のアンコールを
使用するかを選ぶことができます。

←戻る次へ→