ヴァイスシュヴァルツ徹底解説 - トライアル二箱で作るSAO(ソードアート・オンライン)

トライアル二箱で作るSAO(ソードアート・オンライン)

トライアルデッキ二箱で作れるデッキを紹介します。

必要な物…トライアルデッキ ソードアート・オンライン × 2箱

構築に際して

トライアルデッキは青黄で構築されているので、それに準じて青黄で構築する。
強力な後列向けキャラである「ふたりの子供 ユイ」を4枚採用し、それに対応した「キリト」と「アスナ」のカードを
中心に構築しよう。
トライアルらしく、初心者の方でも分かりやすく使いやすいカードが揃っているが、パワーパンプが多めで高めのパワーを
出すことも可能。

デッキレシピ例

キャラ(42枚)
レベル0(16枚)
コスト パワー 名称 備考
3 0 3000 戦いのはじまり キリト バニラ
2 0 2500 《ビーター》キリト 1コストで《アバター》か《ネット》のキャラ1枚に+1500
4 0 500 ふたりの子供 ユイ 応援+500、自身レストで「キリト」か「アスナ」を含むキャラ1枚に+500
3 0 3000 戦いのはじまり アスナ バニラ
4 0 2500 早とちり アスナ 自分のターン中自身のパワーを+1000
レベル1(12枚)
コスト パワー 名称 備考
2 0 5500 愛らしい少女 ユイ バニラ
4 1 7000 隠された正体 ヒースクリフ トリガー無しバニラ
2 1 6500 《攻略組》アスナ 【起】を使った時自身を+1000(1ターンに2回まで)
4 0 5000 地下ダンジョンへの潜入
アスナ
加速、自身のパワーを+3500
レベル2(10枚)
コスト パワー 名称 備考
3 1 8000 血盟騎士団への入団 キリト 相手ターン中、自身のパワーを+1000
2 1 5000 《攻略組》キリト 他の《ネット》か《アバター》のキャラ全てに+1000
登場時、デッキトップを確認して山札の上か下に置く
3 1 2500 五十五層の雪山 キリト 助太刀+3000
2 1 8500 熟練の料理スキル
アスナ
他の《アバター》のキャラが2枚以上なら自分のターン中
自身のパワーを+1500、レベルを+1
レベル3(4枚)
コスト パワー 名称 備考
4 2 10000 キリト&アスナ 相手ターン中自身を+1000/自身がフロントアタックされた時
デッキトップを確認して控え室か山札の上に置く
1コスト払う事で次の相手ターンの終わりまで自身を+1000
クライマックス(8枚)
トリガー 名称 効果 シナジー先
4 +1、風 《スター・スプラッシュ》#94ECFF キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 本レシピでは無し
4 《二刀流》の使い手 キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 本レシピでは無し


プレイング

○レベル0
  自分のターン限定でパワー3500となる「早とちり アスナ」や「戦いのはじまり アスナ」「戦いのはじまり キリト」を
  中心にアタック。
  これらのカードは「キリト」「アスナ」を名称に含むため「ふたりの子供 ユイ」のサポートを受ける事ができる。
 「ふたりの子供 ユイ」が手札にある場合は迷わず後列に置き、前列のキャラを強化して相手のキャラをリバースさせよう。
  また、クライマックスがトリガーしたら「《ビーター》キリト」の効果でストックを消費して落としたい。
  この効果はレベル1以降でも活躍が期待できる。
○レベル1
  7000の高パワーを持つ「隠された正体 ヒースクリフ」や強力な自己パンプを持つ「地下ダンジョンへの潜入 アスナ」を
  中心にアタックを行う。
 「地下ダンジョンへの潜入 アスナ」は効果を使用すれば単体でもパワー8500と非常に強力だが、クロックが
  増えてしまうので使いすぎには注意。
  また、「《攻略組》アスナ」は「ふたりの子供 ユイ」と非常に相性が良い。
 「ふたりの子供 ユイ」の効果を受けられる上に、「ふたりの子供 ユイ」の2つ目の効果は【起】なので
 「《攻略組》アスナ」の効果が発動し、合計で+1500のパンプとなる。
○レベル2
 「熟練の料理スキル アスナ」と「血盟騎士団への入団 キリト」を中心にアタック。
 「熟練の料理スキル アスナ」は条件を満たすことでパワー10000となるが「ふたりの子供 ユイ」は《アバター》の
  特徴を持たない点に注意。
  同じく後列向けのキャラである「《攻略組》キリト」は《アバター》の特徴を持つのでこちらを後列に置いておきたい。
○レベル3
 「キリト&アスナ」がプレイ可能となる。非常に防御よりな1枚。
  フロントアタックを受けた時のデッキトップ確認が強力。クライマックスが出たらそのままにし、そうでなかったら
  控え室に置くことで、ダメージのキャンセル率を上げることができる。
  また、コストを支払うことで攻撃に転じる事もできるがストックを使いすぎて次のターンにカードがプレイできなく
  なってしまわないように注意。