ヴァイスシュヴァルツ徹底解説 - さやかデッキ(魔法少女まどか☆マギカ)

さやかデッキ(魔法少女まどか☆マギカ)

回復イベント「さやかの願い」をメインに据えた、まどマギのネオスタンダード構築デッキ。
「さやかの願い」はカウンターイベントであるため相手ターン中に回復が可能な上、クロックのカードを手札に加える性質上、
所謂回復メタの効果に引っかからないのが最大の特徴。
耐久メインのデッキながら「希望と諦念 ほむら」や「直感的なタイプ 杏子」による詰めも可能。

キーカード

美樹 さやか
色:青 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》・《愛》

【永】他のあなたの《魔法》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、
控え室に置いてよい。
【自】バトル中のこのカードがリバースした時、このカードを思い出にする。

さやかの願い
色:青 レベル:2 コスト:1 トリガー:0

(カウンター)あなたは自分のカード名に「さやか」を含むキャラを1枚選び、控え室に置く。
そうしたら、あなたは自分のクロックの上から1枚を、手札に戻し、このカードを思い出にする。

構築に際して

強力な回復イベントである「さやかの願い」を3~4枚採用し、対応する「さやか」を名称に含むキャラを優先的に採用しよう。
「さやかの願い」及び「さやか」を含むカードは全て青となっているので、青を軸に構築。
特に「見滝原中学二年生 さやか」はそれ自身はバニラであるものの、「林檎のおすそわけ 杏子」が1コストの絆である上に
パワー+1000のパンプが可能である(重複可)ため、セットで3~4枚程度採用したい。
他には、アドバンテージを得られるサーチ集中である「見守るほむら」、擬似リフレッシュに加えて発動時にパンプが可能な
「時間遡行者 ほむら」(「因果の終着点 まどか」とセットで発動する効果が存在するものの単体でも発動可能)、
登場時の回復を持ち「さやかの願い」のコストにもなれる「美樹 さやか」、貴重な詰め手段となる「希望と諦念 ほむら」等。
タッチで赤を採用する形となるが、回収イベントの「魔法少女現る」や扉トリガーのクライマックス「さやか VS 杏子」を
採用するのも良い。

デッキレシピ例

キャラカード(36枚)
レベル0(16枚)
コスト パワー 名称 備考
4 0 2500 サポート役 キュゥべえ 自身が前列にいるなら他の前列中央の《魔法》のキャラに
クロックアンコールを付加
4 0 2000 林檎のおすそわけ 杏子 絆①「見滝原中学二年生 さやか」
「見滝原中学二年生 さやか」全てに+1000
1 0 2000 魔女の記憶 さやか 集中、①落ちたCX1枚につき山札から《魔法》のキャラを
1枚までサーチし手札を1枚捨てる
4 0 1500 マミへの憧れ さやか 登場時トップ確認し山札の上か下に置く/アタック時デッキトップを公開し
《魔法》のキャラなら手札に加え手札を1枚捨てる
3 0 2500 見守るほむら 集中、①+キャラ2枚レスト落ちたCX1枚につき山札から
《魔法》のキャラを1枚サーチ
レベル1(8枚)
コスト パワー 名称 備考
2 0 2500 世界への疑念 杏子 レベル1以下相打ち
自身がバトルでリバースした時《魔法》のキャラ1枚に+1500
1 1 6000 “魔法少女たちのお茶会”さやか クロックアンコール/手札のCXを捨てることで自身を+1000し、
バトルで相手をリバース時1枚ドローしてよい
4 0 5500 見滝原中学二年生 さやか バニラ
1 0 1500 欺くほむら 助太刀+1500
レベル2(4枚)
コスト パワー 名称 備考
1 1 2500 ナイトメア退治 杏子 助太刀+2500/助太刀使用時、②+キャラを1枚控え室に置き
相手のレベルより高い相手キャラを1枚控え室に置く
1 1 5000 “あたしの役目”さやか レベル応援/②+自身をレストし山札から《魔法》のキャラを1枚サーチ
2 1 7500 時間遡行者 ほむら 登場時山札が5枚以下なら擬似リフレッシュしキャラ全てに+2000
レベル3(8枚)
コスト パワー 名称 備考
1 2 10000 直感的なタイプ 杏子 登場時回復/アタック時、②+手札を1枚捨て相手に1ダメージを与える
4 2 10000 美樹 さやか 登場時回復/魔法のキャラ1枚につき自身を+500
バトルでリバースしたら自身を思い出にする
1 2 9500 円環に導かれた者 さやか 控え室にCXをが6枚以上ならレベル2で早出し可
相手のドローフェイズ開始時に前列に居るならキャラ1枚に+4000
CXシナジー、アタック時①で《魔法》のキャラを2枚までサーチ
2 2 10000 希望と諦念 ほむら 登場ターンバトルで相手キャラをリバースしたら①でクロックに送る
《魔法》のキャラを1枚レストし自身のパワーを+1500
イベント(6枚)
レベル コスト 名称 効果
4 2 1 さやかの願い カウンター、舞台の「さやか」を含むをキャラ控え室に置く
クロックを一枚回収し、このカードを思い出にする
2 2 1 魔法少女現る 控え室のキャラを2枚回収し、手札を1枚捨てる
クライマックス(8枚)
トリガー 名称 効果 シナジー先
2 さやか VS 杏子 キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 本レシピでは無し
2 再会と共闘 キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 本レシピでは無し
4 +1、門 さやかの正体 キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 円環に導かれた者 さやか


プレイング

○全体を通じて
  色が3色となっており、レベル1では赤と青の2色(一応助太刀が緑だが)、レベル2以降は緑を加えた3色が要求される。
  手札やクロックの状況からレベル置場に置くカードを考えよう。レベル1では青が最優先。
  レベル2になるまではバトルで相手キャラをリバースするよりも手札を温存しつつ後半戦の準備をすることに専念したい。
  リフレッシュに関しては「マミへの憧れ さやか」による手札交換、「見守るほむら」による集中で積極的に山札を削り、
  1-6リフレッシュ、又は「時間遡行者 ほむら」による擬似リフレッシュで圧縮率の高い山札を築こう。
○レベル0
  全体的にパワーが低く、相手キャラをバトルでリバースすることは困難。
 「サポート役 キュゥべえ」によるクロックアンコール付加、「見守るほむら」による集中、
 「林檎のおすそわけ 杏子」の絆回収などアドバンテージを失わないように立ち回ろう。
  手札にクライマックスが溜まってしまったら「マミへの憧れ さやか」の効果で控え室に落とすことが可能。
  非常に便利なカードだが、アタック時に《魔法》のキャラがデッキトップにないとそもそも効果が発動しない点、
  発動した場合交換が強制であり、山札の枚数が1枚減る点などに注意。
○レベル1
 「見滝原中学二年生 さやか」を軸にアタック。
  それ自体は効果を持たないバニラカードだが、「林檎のおすそわけ 杏子」の絆で回収が可能な上、パワーパンプが可能。
  パンプ効果は重複するので、常時高いパワーを保つことも可能。
 「世界への疑念 杏子」は相打ちとリバース時のパンプを持つが、それ故に素のパワーが低く
  レベル0のキャラに相打ちを取られてしまうことも少なくない。
  しかし、それでも相手ターンまで残しておくことでダイレクトアタックできる箇所ができる、又はキャラが残るのは
  パワーが低めなこのデッキにおいて大きく、単純に相打ちやパンプを活かして相手キャラを無理矢理倒すことも可能。
○レベル2
 「時間遡行者 ほむら」による擬似リフレッシュを狙う。(1-6リフレッシュを失敗した場合)
  色要求が厳しいものの「魔法少女現る」で「時間遡行者 ほむら」を回収することで、「魔法少女現る」で同時に
  集中を回収したり、手札のクライマックスを控え室に落としたりできる。
  擬似リフレッシュが成功した時、全体に+2000のパンプが行われる、これを活かして相手キャラを倒していこう。
  因みに「因果の終着点 まどか」に関する効果があるが採用していなくともパンプは問題なく処理される。
 「さやかの願い」が使用可能となる。基本的にはレベル3以降・相手ターンに発動していこう。
  結果的に回復ではあるものの「クロックが自分のカードの効果で控え室に置かれる」効果ではないため、
  所謂回復メタには引っかからない。
 「さやか」と名の付くカードを控え室に送る必要があるが、リバースしたキャラ又はバトルで負けそうなキャラを
  コストとすれば実質コストを軽減したことになる。
  場合によっては「円環に導かれた者 さやか」の早出しが可能。
  相手ターンのパワーが高く舞台に残りやすいものの、自分ターン中は9500止まりなので助太刀・カウンターに注意。
○レベル3
 「美樹 さやか」の登場時の回復効果と魔法のキャラを並べることによって得られる高パワーを活かして戦う。
  このカードも「さやかの願い」の効果の対象とできるので、積極的に狙っていこう。
  相手ターンに回復することで相手の計算を狂わせることもできる。
  また、「このカードのバトル相手がリバースした時」に発動する効果を持つ相手キャラとのバトルに使用することで
  効果の発動を阻害することも可能。(カウンターステップ時にキャラがいなくなるため)
 「希望と諦念 ほむら」のクロック送りや「直感的なタイプ 杏子」のバーンで詰めを狙うことも可能。
 「希望と諦念 ほむら」は《魔法》のキャラをレストするごとにパワーを+1500することができるが、
  場合によっては後列キャラをレスト→圧殺して再びレスト、とすることで相手の助太刀のラインを超えることができれば
  ほぼ確実にクロック送りを使用できる。

その他採用候補となるカード

○ワルプルギスの夜に挑むまどか(キャラクター)
色:緑 レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:2000 ソウル:1
特徴:《魔法》
【永】 他のあなたのキャラが2枚以下なら、このカードのパワーを+1500。

比較的軽い条件で3500となれるレベル0のアタッカー。

○“みんなを守るために” まどか(キャラクター)
色:緑 レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:2000 ソウル:1
特徴:《魔法》
【自】このカードがアタックした時、あなたは他の自分の《魔法》のキャラを1枚選び、
次の相手のターンの終わりまで、パワーを+1000。

相手ターンまで残るパンプ効果を持つキャラ。
レベル0時点で相手キャラをリバースしやすく、舞台にも残しやすくなる。


○揺れ動く気持ち まどか(キャラクター)
色:緑 レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:5000 ソウル:1
特徴:《魔法》
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【自】 チェンジ [① このカードを控え室に置く]あなたのドローフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、あなたは自分の控え室の「アルティメットまどか」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。

「アルティメットまどか」へのチェンジを持つレベル応援。
チェンジタイミングはドローフェイズ前だが、後列向けキャラなので比較的安全にチェンジが可能。
現在は「アルティメットまどか」は同名カードが2枚存在しており、どちらにもチェンジ可能。(下記参照)


○アルティメットまどか(キャラクター)
色:緑 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》
【自】このカードが手札から舞台に置かれたときか「 チェンジ 」で舞台に置かれた時、
あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室においてよい。
【自】[このカードを思い出にする]あなたのクライマックス置場に「まどかの願い」が置かれた時、あなたはコストを
払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て「“戦い続ける”ほむら」を1枚まで選び、このカードがいた枠に置く。
その後、その山札をシャッフルし、次の相手のターンの終わりまで、そのキャラのパワーを+3000。

「揺れ動く気持ち まどか」で早出しすることが可能。
回復を持ち、レベル2から耐久が可能となる。


○アルティメットまどか(キャラクター)
色:緑 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:9500 ソウル:2
特徴:《魔法》
【永】他のあなたの《魔法》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。
【自】このカードが手札から舞台に置かれたときか「 チェンジ 」で舞台に置かれた時、あなたは1枚まで引き、
そのターン中、このカードのパワーを+2000。

「揺れ動く気持ち まどか」で早出しすることが可能。
こちらは回復は持たないもののパワーが高く、登場時にアドバンテージを得ることが可能。


○佐倉 杏子(キャラクター)
色:赤 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》・《お菓子》
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時か「 チェンジ 」で舞台に置かれた時、
あなたは自分の控え室の《魔法》のキャラを1枚選び、手札に戻してよい。
【起】[① あなたのキャラを2枚レストする]そのターン中、このカードのパワーを+2000し、
このカードは次の能力を得る。
『【自】このカードのバトル相手がリバースした時、あなたはそのキャラを山札の上に置いてよい。』

登場時の回収とデッキトップ盛りを持つキャラ。
チェンジ元が控え室に落ちるため、共に採用することで擬似的にループさせることも可能。