ヴァイスシュヴァルツ徹底解説 - 黄赤緑音楽(ラブライブ!)

黄赤緑音楽(ラブライブ!)

《音楽》の特徴を持つキャラで固めたラブライブのネオスタンダード構築デッキ。
特徴を持つキャラで固めたグッドスタッフに近く、2→3だけで無く0→1や1→2等チェンジが多いのが特徴。
集中と全体パンプを併せ持つ「“僕らのLIVE 君とのLIFE” 園田 海未」を軸にデッキを削りつつアドバンテージを得やすい。
単体及び2枚セットで活躍できるカードが多く、比較的構築自由度も高い。

キーカード

アイドルオタク にこ
色:緑 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《音楽》・《オタク》

【永】このカードの正面のキャラのソウルを-1。
【自】[② 手札を1枚控え室に置く]このカードのバトル相手がリバースした時、
あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたはそのキャラをクロック置場に置く。

“僕らのLIVE 君とのLIFE” 園田 海未
色:黄 レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:3000 ソウル:1
特徴:《音楽》

【永】他のあなたの《音楽》のキャラすべてに、パワーを+500。
【起】 集中 [① あなたのキャラを2枚レストする]あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、
控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て
《音楽》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

構築に際して

《音楽》の特徴に関する効果が多めだが、ほぼ全てのキャラが持つ特徴なのでそこまで意識する必要はない。
優先的に採用したいのは、集中と特徴パンプを併せ持つ「“僕らのLIVE 君とのLIFE” 園田 海未」やレベル1帯での
メインアタッカーとなる「“僕らのLIVE 君とのLIFE”絢瀬 絵里」とそのチェンジ元の「“ハラショー”絵里」、
5枚目以降の後列キャラ兼ノーコストでデッキ削りが可能な「レッスン着の絵里」等。
レベル3は候補が複数挙げられる。パワーパンプと登場ターンショットを得る「“ひつじのきもち”ことり」、
クロック送りが可能な「アイドルオタク にこ」、回復とサーチの「“不思議なシンパシー”花陽」
回復とバウンスの「“狐の嫁入り”絵里」、ソウルパンプと打点調整が可能な「“No brand girls”希」、
回復と自己パンプの「音ノ木坂学院2年生 海未」等。好みやプレイスタイルに合わせて採用しよう。
ただし、「アイドルオタク にこ」は緑、「音ノ木坂学院2年生 海未」は赤なので採用する場合は色に注意。
助太刀やレベル0等で色発生できるように構築しよう。

デッキレシピ例

キャラカード(42枚)
レベル0(16枚)
コスト パワー 名称 備考
4 0 1500 “スクールアイドル
フェスティバル”海未
レベル0以下相打ち/1コストで相手の前列キャラを1枚控え室に送る
3 0 2000 私服のことり 他の自分のキャラが1枚以下なら自身を+1500
2 0 1500 “一緒におでかけ♪”希 登場時1コスト&手札を1枚捨て《音楽》のキャラを1枚サーチ
4 0 2500 “夏祭りデート”絢瀬 絵里 相手のアタックフェイズ開始時にデッキトップを控え室においてよい
《音楽》のキャラなら前列の別の枠に移動してよい
3 0 500 レッスン着の絵里 応援+500/登場時デッキトップから3枚を控え室において良い
レベル1(13枚)
コスト パワー 名称 備考
2 0 3000 音ノ木坂学院2年生 ことり レベル1以下相打ち/CXシナジーは不採用
4 0 4500 “僕らのLIVE 君とのLIFE”
絢瀬 絵里
他の《音楽》のキャラ1枚につき自身を+500
2 0 4500 “No brand girls”凛 登場時《音楽》のキャラ1枚につき自身を+500/①自身のソウルを+1
4 0 3000 “僕らのLIVE 君との
LIFE” 園田 海未
他の《音楽》のキャラ全てに+500/集中、①+キャラ2枚をレスト
4枚落ちたCX1枚につきデッキから《音楽》のキャラを1枚サーチ
1 0 2500 自慢の作詞 にこ 助太刀+1000/助太刀使用時に②で相手の
レベル2(5枚)
コスト パワー 名称 備考
1 1 2500 “ハイキング”高坂 穂乃果 助太刀+2500/助太刀使用時にデッキトップを公開し
《音楽》のキャラならバトル中のキャラにパワーを+1000
2 1 8000 園田 海未 他の自分のレストしているキャラ1枚につき自身を+500
2 1 4500 “炊き立てご飯です♪”花陽 レベル応援/トリガーチェックでCXが出たらキャラ1枚にソウル+1
レベル3(8枚)
コスト パワー 名称 備考
2 2 10000 “夏祭りデート”園田 海未 登場時デッキトップを公開し《音楽》のキャラなら相手に1ダメージ
①+《音楽》のキャラを2枚レストし相手のレベル0キャラを1枚控え室に置く
1 2 10000 “ひつじのきもち”ことり 他の《音楽》のキャラが3枚以上なら自身を+1000し、アタック時
キャラ1枚に+1000/登場ターンショットを得る
2 2 10000 “不思議なシンパシー”花陽 登場時回復/①+手札を1枚捨て、自身を+2000し次を得る「相手キャラを
バトルでリバースしたらデッキから《音楽》のキャラを1枚サーチ」
1 2 10000 “No brand girls”希 登場時デッキを上から6枚を見て3枚を控えに置き、残りを好きな順で戻す
アタック時デッキトップを公開し《音楽》なら他のキャラ全てにソウル+1
2 2 10000 “夏祭りデート”東條 希 登場時自分の《音楽》のキャラが3枚以上なら自身を+1500
アタック時他の《音楽》のキャラに+1000
登場ターン、バトルで相手をリバースしたら①でクロックに置く
クライマックス(8枚)
トリガー 名称 効果 シナジー先
4 はじまりの想い キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 本レシピでは無し
4 Wonderful Rush キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 本レシピでは無し


プレイング

○全体を通じて
  マリガン時手札に「“僕らのLIVE 君とのLIFE”絢瀬 絵里」が手札にあるならチェンジを狙いたいので控え室に置こう。
 「“僕らのLIVE 君とのLIFE” 園田 海未」と「レッスン着の絵里」でデッキ削りが可能なので1-6リフレッシュが狙いやすい。
  当然「レッスン着の絵里」も「“僕らのLIVE 君とのLIFE” 園田 海未」でサーチ可能なので可能ならデッキを削っていこう。
  レベル1は多めに採用しているので温存せずに全てマリガンすることでもデッキを削ることができる。
○レベル0
  パワーが高くなる「私服のことり」や相打ち効果を持つ「“スクールアイドルフェスティバル”海未」、
  可能なら「“ハラショー”絵里」でチェンジしてアタック。
 「レッスン着の絵里」の効果は序盤なら迷わず使ってしまっていいだろう。早い段階でのリフレッシュを目指そう。
○レベル1
 「“僕らのLIVE 君とのLIFE” 絢瀬 絵里」を軸にアタック。舞台を埋めるだけでパワー6500となる。
 「“No brand girls”凛」は似た効果を持つが、こちらは自身も含むため既に《音楽》のキャラが4枚ある状態で
  プレイすればパワーは500高い7000となる。2つ目の効果はストックを落とすのにも使える。
  相打ちを持つ「音ノ木坂学院2年生 ことり」の相打ちは倒せない相手を無理矢理倒すだけでなく、
  相手ターンまで残すのも良い。(相手にキャラを残すかダイレクト枠を開けるかの二択を迫れるため)。
 「“僕らのLIVE 君とのLIFE” 園田 海未」の集中は積極的に使用してデッキを削りつつ、アドバンテージを取ろう。
 「レッスン着の絵里」と合わせてレベル1の段階でのリフレッシュを狙いたい。「レッスン着の絵里」はサーチも可能。
○レベル2
  「園田 海未」を軸にアタック。ストックを溜めつつレベル3まで繋ごう。
  リフレッシュを挟んだ直後ならば「“僕らのLIVE 君とのLIFE” 園田 海未」や「“一緒におでかけ♪”希」によるサーチ
  の選択肢も広い。レベル3に備えて「アイドルオタク にこ」や「“不思議なシンパシー”花陽」あたりをサーチしておこう。
 「“炊き立てご飯です♪”花陽」が後列に居れば、クライマックスでも実質ソウルが+1なので打点が上がりやすい。
○レベル3
 「アイドルオタク にこ」によるクロック送り、「“ひつじのきもち”ことり」のショットを軸にアタック。
 「“不思議なシンパシー”花陽」は回復しつつ僅かだがデッキを圧縮できる。効果の使用制限はないため、コストさえ支払えば
  1ターン中に複数回使用可能なことを覚えておこう。複数回使用した場合は、使用した回数×2000パワーが上昇し、
  条件を満たせば使用した回数分サーチが可能となる。
 「“No brand girls”希」はややこしいが、打点の底上げと調整が可能な便利な効果を持つ。
  2つ目の効果はデッキの上から6枚が全てクライマックスかイベントという最悪の状況以外確実に発動できる。
  デッキの上から3枚を操作できるので相手に与えるダメージを調整できる。上手く活用しよう。
  例:相手がレベル3,クロック0
  こちらの前列が「“No brand girls”希」「アイドルオタク にこ」「ソウル1のキャラ」でクライマックスを持っている場合。
  デッキのトリガーを上から「+1」「+0」「+1」し、クライマックスを使用。上記の順にアタック。
  こうすることで、「アイドルオタク にこ」によるクロック送り+3点×3で2回ダメージを通す事ができれば勝ちとなる。

その他採用候補となるカード

アイドルオタク にこ ○矢澤 にこ(キャラクター)
色:黄 レベル:0 コスト:0 トリガー:0 パワー:2500 ソウル:1
特徴:《音楽》
【永】 他のあなたのキャラがいないなら、このカードのレベルを+1し、パワーを+1500。

単体ならパワー4000で相打ちキャラを一方的に倒せる。

○“もぎゅっと“LOVE”で接近中!”μ's (キャラクター)
色:黄 レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:2500 ソウル:1
特徴:《音楽》
【自】このカードが手札から舞台に置かれたとき、そのターン中、このカードのパワーを+1500。

登場ターンはパワー4000。元のパワーも2500と中々に高い。

○“それは僕たちの奇跡”南 ことり(キャラクター)
色:黄 レベル:0 コスト:0 トリガー:0
パワー:1500 ソウル:1
特徴:《音楽》
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【自】相手のアタックフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を、控え室に置いてよい。
そのカードがレベル0以下なら、あなたはこのカードを前列のキャラのいない枠に動かしてよい。
(クライマックスのレベルは0として扱う)

運は絡むものの移動により生き残りやすい。デッキを1枚削れる点にも注目。
山札削り・移動共に任意効果なので「山札を落とし、レベル0のキャラだったが移動は使用しない」ということも可能。

○元気が取り柄 穂乃果(キャラクター)
色:赤 レベル:1 コスト:1 トリガー:0
パワー:6000 ソウル:1
特徴:《音楽》・《お菓子》
【永】 他のあなたの《音楽》のキャラが3枚以上なら、このカードのパワーを+500し、
このカードは『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。
【自】[①]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「はじまりの想い」があるなら、
あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。

シンプルで使いやすい効果を持つ。対応CXも扉トリガーなので採用しやすい。

○“僕らのLIVE 君とのLIFE” 南 ことり(キャラクター)
色:黄 レベル:1 コスト:1 トリガー:0
パワー:7000 ソウル:1
特徴:《音楽》
【永】このカードのバトル中、すべてのプレイヤーは『 助太刀 』を手札からプレイできない。

トリガー無しのパワー7000。効果は自分も助太刀を使用できないためパワー査定は下がっていない。
相手キャラを高確率で倒せるが、相手もそれは同じなので注意。カウンターは使用可能。

○“狐の嫁入り”絵里(キャラクター)
色:黄 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《音楽》・《動物》
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か「 チェンジ 」で舞台に置かれた時、
あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】 [②]このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、あなたは相手の前列のキャラを1枚選び、手札に戻す。

回復とバウンスを併せ持つ。
バウンスは倒せない相手に対応するだけでなくダイレクトアタックを可能とすることでソウルの底上げにもなる。

○音ノ木坂学院2年生 海未(キャラクター)
色:赤 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:9500 ソウル:2
特徴:《音楽》・《スポーツ》
【永】他のあなたの《音楽》のキャラが3枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】このカードがアタックした時、クライマックス置場に「あなたは最低です!」があるなら、
あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻し、あなたの《音楽》のキャラすべてに、
そのターン中、パワーを+1000。

対応CXはドロー+2000。対応CXを使用しなくても軽い条件で回復+パワー10500のキャラとして活躍できなくもない。