ヴァイスシュヴァルツ徹底解説 - 葉留佳&佳奈多(リトルバスターズ!)

葉留佳&佳奈多(リトルバスターズ!)

葉留佳と佳奈多のカードを主軸に構築した、リトルバスターズのネオスタンダード構築デッキ。
《双子》の特徴や「葉留佳」と「佳奈多」のネームに関連した効果が多いのが特徴。
葉留佳と佳奈多で固めることで「“クドのルームメイト”佳奈多」のによる非常に高いパワーが期待できる。

キーカード

“いつもの笑顔”葉留佳
色:緑 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《ビー玉》・《双子》

【永】 このカードの正面のキャラのソウルを-1。
【自】このカードのバトル相手がリバースした時、あなたのクライマックス置場に
「取り戻した絆」があるなら、あなたはそのキャラをクロック置場に置いてよい。
【起】[①]次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+1000。

“風紀委員長さん”佳奈多
色:緑 レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:3500 ソウル:1
特徴:《委員長》・《双子》

【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
【自】あなたか相手のクロックが、自分のカードの効果で控え室に置かれた時、
そのプレイヤーは自分のストックの上から2枚を控え室に置いてよい。
そうしないなら、そのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。

構築に際して

「葉留佳」と「佳奈多」の2キャラを軸にデッキを構築。
ネームに関する効果を活かすために、デッキはこの2キャラで固めてしまうと良いだろう。
軸となるのはパワー6000のクロックアンコールとなる「出店めぐり 葉留佳」や、実質ノーコストでプレイできる
「巫女神楽 佳奈多」、全体応援とレストパンプができる後列キャラ「“クドのルームメイト”佳奈多」
レベル3での詰めとなる「“いつもの笑顔”葉留佳」等。
「巫女神楽 佳奈多」が実質ノーコストでプレイできるためストックが溜まりやすく、2コストでサーチできる
「“お姉ちゃんっ子”葉留佳」は相性が良い。
また、「“リトルバスターズ”理樹」はネームを持たないものの、アドバンテージが取れレベル1帯までの
準備がしやすくなるため是非採用したい。

デッキレシピ例

キャラカード(40枚)
レベル0(17枚)
コスト パワー 名称 備考
2 0 2000 水鉄砲 葉瑠佳 集中、①4枚落ちたCX1枚につき控え室のキャラを1枚回収し手札を1枚捨てる
4 0 1500 デイト・ラヴァーズ
佳奈多
レベル0以下相打ち/このキャラのダメージがキャンセルされた時
相手の控え室のカードを1枚デッキトップに置いて良い
2 0 1500 “妹思いのお姉さん”
佳奈多
前列中央のキャラに+500/集中、①+自身レスト
4枚落ちたCX1枚につき控え室の「葉瑠佳」か「佳奈多」を含むキャラを1枚回収
4 0 2000 “リトルバスターズ”
理樹
登場時1コスト&デッキトップを1枚クロックに置き
デッキからレベル1以下のキャラを1枚サーチ
3 0 2500 “大切なもの”葉留佳 ストックが3枚以下なら自身を+1000
2 0 500 “お姉ちゃんっ子”
葉留佳
②+自身をレストし山札から「葉留佳」か「佳奈多」を含むキャラを1枚サーチ
レベル1(13枚)
コスト パワー 名称 備考
4 1 6000 巫女神楽 佳奈多 登場時「葉留佳」か「佳奈多」を含むキャラが3枚以上ならデッキトップを
ストックに置いて良い/自分のストックが4枚以上なら自身を+1000
4 0 4500 出店めぐり 葉留佳 皮下にカード名に「葉留佳」か「佳奈多」を含むキャラが2枚以上なら
自身を+1500しクロックアンコールを得る
3 0 2000 “クドのルームメイト”
佳奈多
他のキャラ全てに+500
自身をレストし「葉留佳」か「佳奈多」か「クド」を含むキャラ1枚+1000
1 0 1500 水着の佳奈多 助太刀+1500
レベル2(6枚)
コスト パワー 名称 備考
2 1 8000 “おしゃべり”葉留佳 他の《委員長》のキャラが2枚以上なら自身を+1000
2 1 1500 唯湖&葉瑠佳 助太刀+3000/助太刀使用時1コストで相手の控え室のカードをデッキトップへ
2 1 3500 “風紀委員長さん”
佳奈多
応援+1000/回復効果が使用された時、使用したプレイヤーは
2コスト支払わなければデッキトップをクロックに置く
レベル3(4枚)
コスト パワー 名称 備考
4 2 10000 “いつもの笑顔”葉留佳 正面キャラのソウル-1/1コスト払い次の相手ターンの終わりまで自身を+1000
CXシナジー、バトル相手をリバースしたらそのキャラをクロックに置く
イベント(2枚)
レベル コスト 名称 効果
2 1 2 忙しい佳奈多 控え室のCXが4枚以上なら控え室からキャラを2枚回収      
クライマックス(8枚)
トリガー 名称 効果 シナジー先
4 がんばる委員長 キャラ全てにパワー+1000、ソウル+1 本レシピでは無し
4 取り戻した絆 キャラ全てにパワー+1000、ソウル+1 “いつもの笑顔”葉留佳

プレイング

◯全体を通じて
 「巫女神楽 佳奈多」をノーコストでプレイすることができれば、他のレベル1が登場コストが掛からないこともあり
  コストが溜まりやすい。
  後半で「忙しい佳奈多 」の回収や「“お姉ちゃんっ子”葉留佳」のサーチを活かしてレベル3を複数枚並べられると良い。
  また、レベル1ではアタッカーのパワーが高めなことや「“クドのルームメイト”佳奈多」の存在から ○レベル0
  相打ち効果を持つ「デイト・ラヴァーズ佳奈多」やパワーの高くなる「“大切なもの”葉留佳」を中心にアタック。
  CXがトリガーしたら集中や「“リトルバスターズ”理樹」などで落としたい。
 「“リトルバスターズ”理樹」で「“クドのルームメイト”佳奈多」をサーチしておくとレベル1以降で
  相手キャラを倒しやすくなる。
○レベル1
 「“クドのルームメイト”佳奈多」の効果を活かし、相手キャラを倒していく。
  単純な効果ながら、全体に+500とレストで1枚に+1000は強力、可能なら後列に複数並べたい。
  軸となるアタッカーがどちらも「葉留佳」と「佳奈多」のネームに関する効果を持つため、舞台を埋めてしまうと良い。
 「出店めぐり 葉留佳」は後列にキャラが2枚居れば条件を満たせ、パワー6000でクロックアンコールを得る。
  場合によってはクロックアンコールを活かし、手札を維持していこう。
 「巫女神楽 佳奈多」は条件を満たせば実質ノーコストでプレイ可能。こちらは3枚必要なので、プレイする順番に注意。
  ストックが1枚以上あるならアタックを最後にすることでパワー7000となる。
○レベル2
  比較的軽い条件でパワーが9000となる「“おしゃべり”葉留佳」がメイン。
 《委員長》の特徴は佳奈多のカードが持つ。
  後列向けのキャラである「“クドのルームメイト”佳奈多」や「“風紀委員長さん”佳奈多」等は非常に相性が良い。
 「“風紀委員長さん”佳奈多」の回復封じ効果は相手依存だが、回復効果の採用率は高いので多くのデッキに有効。
○レベル3
 「“いつもの笑顔”葉留佳」のCXシナジーを狙う。
  後列キャラや自身の効果を使い、助太刀を使われたとしても確実にリバースできるラインまでパワーを上げると良い。
  起動効果はコストさえ支払うことができれば1ターン中に何度でも使用できる。
  ソウル減少も付いているため、複数枚並べて相手ターンまで残す事でダメージ減少が期待できるが、
  自分がレベル3の後半までクロックが蓄積されていると相手を手助けしてしまう場合が多いので注意。
  他には「デイト・ラヴァーズ 佳奈多」はダメージがキャンセルされた時に相手のデッキトップ盛りが可能なので
  レベル0のキャラながらダメージに貢献できる。

その他採用候補となるカード

○“比較される姉妹”葉留佳&佳奈多(キャラクター)
色:緑 レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:4000 ソウル:1
特徴:《ビー玉》・《委員長》
【自】あなたのクライマックス置場に「Best Shot!」が置かれた時、あなたは自分の《ビー玉》のキャラと
《委員長》のキャラを1枚ずつ選び、そのターン中、次の能力を与える。
『【自】このカードとバトルしているレベル1以上のキャラがリバースした時、あなたは自分の山札の上から1枚を、
ストック置場に置いてよい。』
【起】[あなたの、《ビー玉》のキャラと《委員長》のキャラを1枚ずつレストする]あなたは自分のキャラを1枚選び、
そのターン中、パワーを+2000。

ストックブーストを持つキャラ。後半のパンプ効果もこのデッキならば条件を満たしやすい。
ただし、レストを要するため「“クドのルームメイト”佳奈多」と相性が良くないのが難点か。

○“無表情で無愛想”佳奈多(キャラクター)
色:赤 レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:8000 ソウル:1
特徴:《委員長》・《双子》
【起】[①]次の相手のターンの終わりまで、相手は舞台にいるキャラの【起】を使えない。

起動効果封じを持つキャラ。
基本的に相手依存だが、起動効果を主軸とした相手には非常に効果的。

○吹っ切れた佳奈多(キャラクター)
色:赤 レベル:2 コスト:2 トリガー:1
パワー:8000 ソウル:2
特徴:《委員長》・《双子》
【自】[④]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「がんばる委員長」があるなら、
あなたはコストを払ってよい。そうしたら、相手にXダメージを与える。Xはあなたの《委員長》のキャラの枚数に等しい。
(ダメージキャンセルは発生する)
【起】[あなたの《ビー玉》のキャラを1枚レストする]そのターン中、このカードのパワーを+1000。

バーン効果を持つ。終盤の詰めに効果的だがコストが厳しいか。
対応CXは扉トリガー。

○“掛け持ち委員長”佳奈多(キャラクター)
色:緑 レベル:2 コスト:2 トリガー:1
パワー:8000 ソウル:2
特徴:《委員長》・《双子》
【自】[③]相手のアタックフェイズの初めに、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、このカードの正面のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。
『【永】このカードはフロントアタックできない。』 (サイドアタックはできる)

フロントアタック封じを持つキャラ。
大活躍を持つ「手を取る佳奈多」と合わせるとキャラ1枚のアタックを完全に封じることができる。
ストック消費が激しいのが難点か。

○“僕らの物語”理樹(キャラクター)
色:緑 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《特徴なし》
【自】このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のキャラを1枚選び、
次の相手のターンの終わりまで、パワーを+3000。
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く]あなたのクライマックス置場に「リトルバスターズ!」が置かれた時、
前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、あなたは自分の、クロック置場か思い出置場のレベル2以下のキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。

パンプ効果とクロックを減らす効果を持つ。
2つ目の効果は「手を取る佳奈多」の効果と同様に「“風紀委員長さん”佳奈多」が対象とならないので阻害される事はない。