×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

朱音&ちはや(Rewrite)

レベル3の「千里 朱音」をメインに据えたリライトのネオスタンダード構築デッキ。
「千里 朱音」のチェンジ元である「“終わりのない転写”朱音」もまたチェンジによる早出しが可能であり、
上手くいけばレベル1の時点でレベル3のカードを登場させることができるのが最大の魅力。

キーカード

千里 朱音
色:黄 レベル:3 コスト:2 トリガー:1
パワー:10000 ソウル:2
特徴:《魔法》
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か「 チェンジ 」で舞台に置かれた時、
あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】[①]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「笑顔と涙」があるなら、
あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を上から3枚まで見て、
カードを1枚まで選び、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。その後、そのターン中、
このカードのパワーを+4000。

“終わりのない転写”朱音
色:赤 レベル:2 コスト:1 トリガー:1
パワー:7000 ソウル:1
特徴:《魔法》

【自】[手札を1枚控え室に置く]相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+2500。
【自】 チェンジ [① このカードをクロック置場に置く]あなたのアンコールステップの始めに、
このカードがレストしているなら、あなたはコストを払ってよい。
そうしたら、あなたは自分の控え室の「千里 朱音」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。

構築に際して

レベル3の「千里 朱音」の早出しを軸にデッキを構築する。
メインとなる「千里 朱音」とそのチェンジ元となる「“終わりのない転写”朱音」、さらに「“終わりのない転写”朱音」の
チェンジ元となる「“夢と現実”朱音」は各4枚、少なくとも3枚は投入したい。
「“終わりのない転写”朱音」が赤、「千里 朱音」と「“夢と現実”朱音」が黄色なので赤黄構築となる。
これらのカードを軸に他のカードを投入していく形になるが、同作品の「ちはや」のカードが色も一致しており相性が良い。
本ページでは「朱音」のチェンジを軸に、相性のよい「ちはや」のカードを混ぜたものを紹介する。

デッキレシピ例

キャラカード(42枚)
レベル0(16枚)
コスト パワー 名称 備考
4 0 1000 “無愛想っ子”朱音 レベル0以下相打ち、バトルで相手をリバースさせたら1コスト&
手札を1枚捨て控え室からキャラ1枚回収
3 0 1500 “散る桜の宿命”咲夜 自身をレストし「ちはや」か「瑚太朗」を含むキャラに
パワー+1000/レベル+1、自身を控え室に置き擬似アンコール
4 0 1500 “月明かりの下で”瑚太朗&篝 相手のアタックフェイズの始めに別の空いている枠に移動できる
プレイ時にレベル1以下のキャラ1体に+500
2 0 3500 “ドジっ子”ちはや プレイ時にトップ公開、レベル2以上のキャラなら自身をレスト
3 0 2000 “オカ研会長”朱音 プレイ時にデッキトップを1枚クロックに置き
1コストでレベル1以下のキャラを1枚サーチ
1 0 1500 “地球委員長”ルチア 集中、1コスト4枚落ちたCX1枚につきキャラ1体に+2000、シフト
レベル1(10枚)
コスト パワー 名称 備考
4 0 4000 水着のちはや レベル1以下相打ち、自身はサイドアタックできない
2 1 1500 “誰かのために”静流 助太刀+1500、助太刀使用時にトップ確認し山札の上か下へ置く
4 1 6000 “夢と現実”朱音 チェンジ/1コスト、アンコールステップ「“終わりのない転写”朱音」
レベル2(9枚)
コスト パワー 名称 備考
4 1 7000 “終わりのない転写”朱音 相手のアタックフェイズの始めに手札を1枚捨てて自身のパワー+2500
チェンジ/1コスト、アンコールステップ「千里 朱音」
3 1 5000 “守りの包帯”ちはや レベル応援、シフト
2 1 2500 私服の朱音 助太刀+3000
レベル3(7枚)
コスト パワー 名称 備考
3 2 10000 鳳 ちはや 登場時回復、CXフェイズ開始時にストックを全て控え室に置き
次の相手のターン終了時まで自身のパワーを+3000
4 2 10000 千里 朱音 登場時回復、CXシナジーアタック時1コストでデッキトップから3枚を
確認し1枚を手札に加え残りを控え室へ置き自身のパワー+4000
クライマックス(8枚)
トリガー 名称 効果 シナジー先
4 仕返し キャラ全てにパワー+1000/ソウル+1 本レシピでは無し
4 +2 笑顔と涙 デッキトップをストックへ、キャラ全てソウル+1 千里 朱音


プレイング

○全体を通して
 「“夢と現実”朱音」→「“終わりのない転写”朱音」→「千里 朱音」のチェンジがデッキの要となる。
  どちらのチェンジもアンコールステップにレストしている必要があるが、パワーはあまり高くないので
  基本的にサイドアタックかダイレクトアタックをすることになる。
  レベル1の時点で2段階のチェンジを狙う場合はどうしても「“終わりのない転写”朱音」を相手ターン中
  守り抜く必要がある。自身の効果や助太刀を活用して舞台に残らせよう。
○レベル0
  相打ち効果を持つ「“無愛想っ子”朱音」、場持ちの良い「“月明かりの下で”瑚太朗&篝」、パワー3500のアタッカー
  となる「“ドジっ子”ちはや」を中心にアタック。
  クライマックスがトリガーしたら「“オカ研会長”朱音」や「“地球委員長”ルチア」の効果を使って控え室へ落とそう。
  また、「“無愛想っ子”朱音」のアタック時にクライマックスがトリガーしていた場合、相手に相打ちをとっていれば、
  効果を使用することで即座に控え室に落とすことができる。
○レベル1
 「“夢と現実”朱音」によるチェンジを狙う。
  チェンジするためには、アンコールステップ時にレストしている必要があるので、基本的にはサイトアタックか
  ダイレクトアタックをすることになる。
  チェンジ先の「“終わりのない転写”朱音」もまたチェンジが可能だが、1ターンの間舞台に居続ける必要がある。
  元のパワーは7000とあまり高くないので、自身の効果や助太刀をうまく使って、舞台に残れるようにしよう。
○レベル2
 「“終わりのない転写”朱音」のチェンジによる「千里 朱音」に加え、レベル応援を持つ「“守りの包帯”ちはや」
  がプレイ可能となる。舞台を完成させ、ボードアドバンテージを狙おう。
  更に「千里 朱音」のクライマックスシナジーを使えば一時的に爆発的なパワーが得られる。
○レベル3
  レベル3の「千里 朱音」と「鳳 ちはや」が手札からプレイ可能となる。
 「鳳 ちはや」の効果は強力だがストックが全て無くなってしまうため、プレイする場合はメインフェイズ中に
  ストックをできるだけ使い切ってしまおう。
  因みに、ストックが0枚であっても「鳳 ちはや」の「次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+3000。」
  の部分は問題なく処理される(ストックを0枚控え室に送っている扱いとなる)ため、パンプは行われる。