ヴァイスシュヴァルツ徹底解説 - デッキ構築ルール

デッキ構築ルール

このページでは、ヴァイスシュヴァルツのデッキを組む上でのルールについて紹介します。

デッキを組む際の基本ルール

デッキを組む際のルールとしては、

①デッキは必ず50枚であること
②同名カードは4枚までしか入れられない
③クライマックスカードは合計で8枚までしか入れられない
④特別に制限されているカードの制限を守ること

以上の4つを満たさなければなりません。

①デッキは必ず50枚であること

いかなる場合においても、デッキの枚数は過不足無く50枚でなければなりません。

②同名カードは4枚までしか入れられない

同名のカードは、デッキ中に合計4枚までしか入れてはいけません。
イラストや効果が違っていても、名称が同じ場合は同名カードとして扱います。
また、同じキャラクターのカードであっても、カード名が違えば別名カードなので、それぞれ4枚まで入れられます。

③クライマックスカードは合計で8枚までしか入れられない

いかなる場合においても、クライマックスカードは合計で8枚までしか入れられません。

④制限されているカードの制限を守ること

ヴァイスシュヴァルツには、ゲームバランスの崩壊やゲーム時間の遅延等の原因となるカードに
使用の制限がかけられているものが存在します。
これらのカードについては、使用制限のあるカードで紹介しています。

デッキ構築条件

デッキ構築をする際には、上記の基本ルール以外に「デッキ構築条件」と言うものが存在します。
大会等では、これらの条件が設定されており、出場するためには条件に合ったデッキが必要です。
簡単に言うと 一つのタイトルで組むもの(ネオスタンダード構築、タイトル限定構築)、
一つのサイドで組むもの(サイド限定構築)、全てのカードが使えるもの(スタンダード構築)です。

Ⅰスタンダード構築
 全ての発売されているカード、PRカードを使用できる構築ルールです。
Ⅱサイド限定構築
 ヴァイスサイド及びシュヴァルツサイドのどちらかのカードのみを使用できる構築ルールです。
Ⅲネオスタンダード構築
 タイトルを一つ選択し、そのタイトルのカードのみを使用できる構築ルールです。
Ⅳタイトル限定構築
 指定されたタイトルのカードのみを使用できる構築ルールです。

特に何もなければ、ショップ大会やフリー対戦で多く浸透している、Ⅲネオスタンダード構築で
構築することをおすすめします。